2007年10月04日

死刑囚が「辞世のジョーク」をネットで募集中

本日の情報商材はこちら↓
現役スーパーアフィリエイターが


アフィリエイトでこうすれば確実に稼げるという事を


出し惜しみなく暴露します!!



【6月16日 AFP】2人を殺害した罪で死刑判決を受け、米テキサス州で死刑執行を待つ死刑囚が、インターネット上で「ジョーク・コンテスト」を開催している。優勝作品は、6月26日の死刑執行の際、最期の言葉として残されるという。



 パトリック・ナイト(Patrick Knight)死刑囚(39)は15日、獄中でCNNの取材に応じ、「人生最期の日々を楽しみたいんだ。コンテストを開いていることを宣伝してほしい。僕やほかの死刑囚が(死刑執行までを)笑って過ごせるよう最高のジョークを応募してほしいんだ」と語った。



 ナイト死刑囚は近所に住む2人を殺害した罪で1991年に死刑判決を受け、その後の16年間をテキサス州の死刑囚監房で過ごしている。死刑が復活した1976年以来、同州での死刑執行数は全米の執行数の3分の1以上を占めている。



 リラックスしてジョークを飛ばしていたナイト死刑囚も、死刑囚監房でユーモアが必要な理由を問われると真剣に説明した。

「僕は違うけれど、死刑囚監房には無実の人間もいる。彼らにはジョークが必要だ。緊張を和らげるものがね」



 一方、「死は僕に科せられた罰だ。僕はそれを受け入れている。死刑は確定している。それなら笑って死にたい」と、自分の死については落ち着いた様子で語った。



 ジョーク・コンテストのアイデアは、死刑廃止擁護者のシスター・ヘレン・プレジャン(Helen Prejean)の実話を基にした小説『デッドマン・ウォーキング(Dead Man Walking)』から着想を得たという。同小説はハリウッドで映画化され、ショーン・ペン(Sean Penn)、スーザン・サランドン (Susan Sarandon)らが出演した。このことから、ナイト死刑囚はウェブサイトのタイトルを「デッドマン・ラーフィング(Dead Man Laughing)」にしたという。



 ナイト死刑囚は死刑執行当日、優勝作品を最期の言葉として大きな声で読み上げると約束している。(c)AFP
タグ:情報商材
posted by MN at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック
最近のコメント
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0
リンク集
初心者でも出来るか?ネットで収入!!
ネットでポチポチ¥
ネットワークビジネスが好きになるぞガイド
ページランク
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。