2007年10月05日

FXとは

改訂版:FXパラレルトレード〓【負ける理由が見つからない・視点が全く違うトレード法】





FX初心者のために、外国為替証拠金取引に関する情報をわかりやすくご提供いたします。外国為替証拠金取引はハイリスクハイリターンの金融商品です。外国為替証拠金取引の魅力とリスクをきちんと理解しておきましょう。
外国為替証拠金取引(FX)とは、小額の担保金(証拠金)を差し入れ、その保証金の数倍の外貨を売買する投資方法です。金融自由化によって個人投資家も外貨取引に参加できるようになりました。

外貨レートは、政治経済なもちろん、災害やテロ・戦争などいろいろな要因で刻々と変化しています。FXで投資をする場合は、市場に参加している投資家がどのようなニュースに注目しているかを把握しておく必要があります。

為替レートの値動きを、一定のリズムがあると考えて分析した多くのチャートが存在しています。これをテクニカル分析といいます。テクニカル的な分析は重要ですが、チャートの動きだけを読む投資方法では、突発的な災害や政府の政策転換などで急激な為替レートの動きがあった場合、対応できないこともあります。

外国為替証拠金取引(FX)は証拠金の数十倍の金額を扱えます。大きな利益が期待できる反面、為替の予想と誤ると、大きな損失を被る危険性があります。
posted by MN at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月04日

死刑囚が「辞世のジョーク」をネットで募集中

本日の情報商材はこちら↓
現役スーパーアフィリエイターが


アフィリエイトでこうすれば確実に稼げるという事を


出し惜しみなく暴露します!!



【6月16日 AFP】2人を殺害した罪で死刑判決を受け、米テキサス州で死刑執行を待つ死刑囚が、インターネット上で「ジョーク・コンテスト」を開催している。優勝作品は、6月26日の死刑執行の際、最期の言葉として残されるという。



 パトリック・ナイト(Patrick Knight)死刑囚(39)は15日、獄中でCNNの取材に応じ、「人生最期の日々を楽しみたいんだ。コンテストを開いていることを宣伝してほしい。僕やほかの死刑囚が(死刑執行までを)笑って過ごせるよう最高のジョークを応募してほしいんだ」と語った。



 ナイト死刑囚は近所に住む2人を殺害した罪で1991年に死刑判決を受け、その後の16年間をテキサス州の死刑囚監房で過ごしている。死刑が復活した1976年以来、同州での死刑執行数は全米の執行数の3分の1以上を占めている。



 リラックスしてジョークを飛ばしていたナイト死刑囚も、死刑囚監房でユーモアが必要な理由を問われると真剣に説明した。

「僕は違うけれど、死刑囚監房には無実の人間もいる。彼らにはジョークが必要だ。緊張を和らげるものがね」



 一方、「死は僕に科せられた罰だ。僕はそれを受け入れている。死刑は確定している。それなら笑って死にたい」と、自分の死については落ち着いた様子で語った。



 ジョーク・コンテストのアイデアは、死刑廃止擁護者のシスター・ヘレン・プレジャン(Helen Prejean)の実話を基にした小説『デッドマン・ウォーキング(Dead Man Walking)』から着想を得たという。同小説はハリウッドで映画化され、ショーン・ペン(Sean Penn)、スーザン・サランドン (Susan Sarandon)らが出演した。このことから、ナイト死刑囚はウェブサイトのタイトルを「デッドマン・ラーフィング(Dead Man Laughing)」にしたという。



 ナイト死刑囚は死刑執行当日、優勝作品を最期の言葉として大きな声で読み上げると約束している。(c)AFP
タグ:情報商材
posted by MN at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月03日

グーグル10-12月期純利益3倍増、予想を上回る - 米国

今日の情報商材はこれ↓




【サンフランシスコ/米国 1日 AFP】インターネット検索大手米グーグル(Google)は31日、2006年10-12月期決算を発表し、純利益が10億3000万ドル、1株利益は3.36ドルとなったことを明らかにした。



 これは、アナリストの事前の予測を1株当たり2.90ドルを上回るものであり、売上高は2006年同期比67%増の32億1000万ドルだった。2006年度の収益は30億7700万ドル、1株利益10.21ドルで、2006年同期比のほぼ2倍となった。



 エリック・シュミット(Eric Schmidt)最高経営責任者(CEO)は「第4四半期の業績で、我々グーグルそして提携パートナーのビジネスモデルがいかに強力であるかを証明できた。検索への投資と戦略的な業務提携で成長を続け、ますます豊富な情報やコンテンツをユーザーに届けられるだろう」と語った。



 写真は米国マウンテン・ビューのグーグル本社。(2006年10月9日撮影)(c)AFP/Getty Images/David Paul Morris
タグ:情報商材
posted by MN at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

セカンドライフ ギャンブルを全面禁止

本日の情報商材はコチラ↓
あなたには教えません!たった2日間、たった48時間で80万稼げることを。

3D仮想空間「セカンドライフ(Second Life)」を提供する米リンデンラボ(Linden Lab)は25日、ギャンブルを全面禁止とする方針をホームページ上で発表した。



 同社の広報担当ロビン・ハーパー(Robin Harper)氏は、「偶然や乱数、あるいは現実社会で行われているスポーツの結果などによって勝者を決定するギャンブル行為を禁止する」と発表した。これにはブラックジャック、パイゴー(Pai Gow)と呼ばれるカードゲーム、ポーカー、ルーレット、スロットマシンも含まれる。



 禁止の理由としてハーバー氏は、「850万人近くの会員は世界各国にわたっており、国や地域でギャンブルに関する法律も異なる。そのためセカンドライフ内においてギャンブルを全面禁止するため、ガイドラインを設けた」という。



 リンデンラボがセカンドライフ上でギャンブル行為を発見した場合、関係するコンテンツを消去した上で、当事者の会員資格を停止・退会処分とする。場合によっては、関係当局へ通報を行うという。



 セカンドライフの住人の1人は、「わたしはギャンブル好きではない。しかし、仮想空間では、何でも自由に出来ることが大きな魅力なのだ。損を覚悟してまでギャンブルをしたい人には、これを禁止すべきではない」との反対意見をチャット・フォーラム上で表明している。



 またリンデンラボは、6月から「性に対する規制」も強化している。参加者がセカンドライフ上で、性をテーマにした場所・スポットを訪問する際には、年齢認証による許可制を導入している。(c)AFP






posted by MN at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月01日

情報商材とは?

とりあえず本日の情報商材はこちら
 



情報商材
(じょうほうしょうざい)とは、主にインターネットを介して売買される情報のこと。

単に情報と呼ぶことも多いが、情報商材はそれ自体に金銭的な価値を設定し、売買されるものうち「ある目的を達成するための方法」を指
すことが多い。

そのため、インターネットを通じて画像や動画、文章などの著作物をコンピュータのファイルとして売る場合は情報商材とは呼ばないようであ
る。

情報商材を販売することを情報販売と呼び、情報商材の販売を職業として始めることを情報起業と呼ぶ。インターネットが出来るまえは情報商材と言う言葉自体存在しなかった。


Wikipediaより抜粋

タグ:情報商材
posted by MN at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のトラックバック
最近のコメント
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0
リンク集
初心者でも出来るか?ネットで収入!!
ネットでポチポチ¥
ネットワークビジネスが好きになるぞガイド
ページランク
Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。